平成17年度の活動状況

1、奈良県実用化・製品化研究開発調査事業(平成17年~18年)
   テーマ「角穴形状加工装置実用化研究開発」支援
   エンドミルに替わる特殊な工具(今回の開発対象)を使用して、一発で金属、
   プラスチックなどの角穴
加工が可能で、従来の放電加工などに比べて
   大幅な加工時間短縮が可能となった。

2、第2回「中小繊維製造事業者自立事業」の支援(平成17年7月~18年6月)
3、廃タイヤのリサイクルに関する研究支援(平成17年~19年)
4、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)
  [木質系廃棄物の利用に関する研究]支援

5、金魚輸送時の包装改善支援
6、第3回ATACグループ交歓会の開催
7、前年度からの継続事業の支援